読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩むすび

ぎゅっぎゅっ

葡萄の花火

今年最後と思われる花火(手持ち)をしました。北海道はもう夜は寒いくらいになってるからね。夏の終わりは寒い花火。

今年は結構花火をする機会があり、その度に手持ち花火の色や仕掛けが凝ってる事に驚きました。
中でも今日やった花火に「果物畑」というネーミングの花火がありまして。パープルに白い水玉ボンボンというポップな柄の手持ち花火だったのですが…
その花火、火をつけたら最初は普通にシュババーと火花が前に飛ぶのですがそのうち様子が少しおかしくなり、否、様子が少し変わり。
シュババーと出てる火花の中に光る紫の玉のようなものが、ポンポンポンポン!と混ざって落ちます。
えっ!なにこれ…葡萄のイメージ??葡萄のツブツブ??!!
子供達大喜び。母ちゃんも大喜び。

今まで見た手持ち花火の中で、1番びっくりしました。


そして他に「ストロボ」ってのもあり、それはまさにカメラのストロボ焚いたみたいにババババババ!っと高速点滅的に明るく白く光るのです。
本当にストロボっぽくて、「インタビューいいですかっ?!」「今?やめてくださいよー」とかつて、スンとパパラッチごっこを楽しみました。(その時、スンは何故か白目)


線香花火が昔より早く落ちやすくなったなぁと(毎年のことですが)嘆きながら、手持ち花火2015が幕を閉じた毛玉家でした。

※画像はありませんので、脳内で想像されてくださいね。


広告を非表示にする