塩むすび

ぎゅっぎゅっ

夏の終わりの必死な蚊

一昨日に夕方公園に行った時、トレンカを履いていたのですけど、黒いのが良くなかったのかぴたり感が刺しやすいのか、まあまあ蚊に刺される刺される。

子供達が遊びまわるのを見つつ、一緒に隣で話してたお友達はさほどでもなかった様なので「きっと毛玉チャンが私の分の蚊も引きつけてくれたんだぁ」なんつてましたけど、1〜2日経ったらその悲惨さがあらわになってまいりまして。

刺された場所は脛と脹脛あたりだけで軽く20ヶ所を超え(ほぼ同じ場所を2、3箇所刺されていたり)そこが赤くぼたぼたと湿疹の様に浮き上がり、しかも掻いたせいなのかその周りは鬱血(青タン手前)して、もう悲惨。足出せぬ。

痒みこそ、治ってはきていますが…あーでも思い出すとまた痒くなってきたーーー。


夏の終わりの蚊刺されは酷くなるのは知っていますけど、こんなにブチブチ刺されたのも初めてです。

ほんっとこちらは蚊が多い…。
ちょっと位の精油や虫除けスプレーじゃビクともしませんからね。1番効果的なのは蚊取り線香な気がしますが、庭仕事なら良いけどまさか公園で蚊取り線香ぶら下げるのもねぇ。
寒くなるまでは奴ら必死にモスキートしてきますのでもうこうなったらこっちも手加減しないで様々な国家権力モスキートをあみだしたり繰り出したりしてモスってキートです。バグってハニーです。あ、ありゃハドソンで蜂か。似てるのはフレーズの響きだけです。何が何やら。