塩むすび

ぎゅっぎゅっ

枕の皮

今日は、自転車で走りたいポン子に付き合って家族でお散歩。
途中で昼飯にラーメンを食べました。

滅多に入ることのないラーメン屋。ポン子はカウンター席に座って大喜び。
ちゅるちゅるとラーメンを食べた後「あーおいしかった!しちゅーがとくにおいしかった。」え?なんですって?しちゅー?

今度は帰り道。
公園で遊びつつ「さっきのラーメンやさんの、すぷーがおいしかったなあ」
え?なんですって?すぷー?

考えるとどうも両方、スープの事の様です。
その後も思い出したり反芻する度に、スプーだのシチューだの言って「?」と家族に考えさせるポン子さんでした。
ちょっと一呼吸おくと「…あ、あ!スープの事ね」と分かるのだけど、咄嗟に言われると考える。

それに、スン兄ちゃんやその友達が「おい、このゲーム、鬼畜だぜ!」とか新しいワードを使ってたのを聞いてたらしく、ポン子も「これはむずかしいな、きつくだな!」と、何か誇らしげに?胸張って?言ってます。「きつくだよ、きつくっていうのは、きつくてむずかしいことだよ!」とか説明してました。うーん、微妙な感じ。

子どもの言い間違えとか思い違いって、癒される。

そういやポン子さん、昨日は洗濯した枕カバーと裸の枕を見て「まくらさん、カワどうしちゃったの?」と聞いてました。「え?皮?」と見たら「カワとれちゃったの?」と枕カバーをつけようとしてたので「あっ!枕カバーの事か!」と爆笑した私なのでした。

枕の皮ね。ある意味、合ってる気もするよね。
あー面白い。



広告を非表示にする