読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩むすび

ぎゅっぎゅっ

のげやまどうぶつえん(ふれあいの戦場編)

野毛山続きです。

初めてハクビシンなる生き物を見ることも出来ました。いや、ハマの他の動物園にも居たのかも知れませんが意識したのが初めてなのか。
都会の妖怪かと思っていたのだけど、なんやら小さめの可愛いようなあんまり記憶に残らないような生き物でした(褒めてない
f:id:kedama-tikku:20150923220953j:image
実際、写真見直してもハクビシン分からない。


ここの動物園、かなりこじんまりしてますけども、ダチョウさんやニワトリさんがいて、スンには気に入られておりました。スンは何故かダチョウ、ニワトリが好き。
飼育エリアが狭いのが気になるんだけどなぁ。

f:id:kedama-tikku:20150923221404j:image

f:id:kedama-tikku:20150923221437j:image

あとね、ペンギンズがおりましたけど、円山のネガティヴ貴公子のペンギンズのノホホン具合とは違う、メチャ機敏なペンギンズでした。
円山のペンギンズはかなり任務忘れてる感があるんですけど。野毛山のペンギンズはドクターシオフキーの攻撃か?アナグマ襲来か?という程、活発な動きでした。写真におさまらぬ。
f:id:kedama-tikku:20150923221851j:image
飛んだり跳ねたり。

あれっスね、円山のペンギンズはリコがヒッピーになった時の感じですよね(わかりずらい 

あと、整理券が必要な、 "ふれあいと言う名の戦場"にも行ってきました(羊をめぐる問題より


f:id:kedama-tikku:20150923222208j:image
なんすの、この触れ合いに慣れてるっぷり。大丈夫なの、この子たち。あまりに無抵抗。あまりに撫でさせMAX。
f:id:kedama-tikku:20150923222305j:image
自分ちの猫を、嫌という程とっ捕まえては撫でまくるという勝手な可愛がり強要をして、ミーちゃんに10円ハゲを作ったという恐ろしい過去を持つ、超撫で男の我が家の旦那さんの撫で撫でにも耐えるモルモットちゃんたち…大丈夫でしょうか。


そして、ニワトリ好きのスンは、ふれあい動物園入る前のゲート前でスタンばってるうちから「コッコちゃんコッコちゃん」と呪文唱えておったのですが(時間入れ替え)いざ入って、我々がモルチャンやネズミーズに可愛がられてるうちに行方不明に。
どこ行った?スン兄ちゃん…とさがしましたら。

人気のないエリアに…いた!
f:id:kedama-tikku:20150923222821j:image
「こっこガーデン(明朝体)」

(マスクは万が一、風邪を動物達に移さないようにという心配り)



ニワトリばかりを取っ替え引っ換え。
f:id:kedama-tikku:20150923233720j:image

f:id:kedama-tikku:20150923233829j:image

f:id:kedama-tikku:20150923223324j:image
幸せそうです。ニワトリさん達は大変だけど…


f:id:kedama-tikku:20150923223541j:image
戻ると、うとうと寝かけるモルチャンたち…すごいな。どうしてこんなにリラックスしてるんだろう。

そんなふれあいの戦場でした。
どうぞあの可愛い生き物達が、ストレスを感じていませんように…。。

あとは噂のシロクマの館?を素通りしつつ、募金をして帰りました。
f:id:kedama-tikku:20150923233936j:image
象の像。

動物園については最近色々賛否を問う声がありますけれど、純粋に動物は好きです。みんなそうだよね。体制の中で必死にもがいているのは現場と思います。
ま、私がどーこー言ってもですけどね。
古い施設のようなので、大きな動物が亡くなった際には新しく迎え入れるのは難しいのではと、いらぬ心配もしてみたり。ゲージも狭めですし…動物園って色々行くとそれぞれの印象があります。

ともあれ、またあそこの動物達に、会いに行こう。