読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩むすび

ぎゅっぎゅっ

亀公園


この辺り、近所に公園が結構あります。ちょっと大きい公園には池があり、油断しないで見てますと亀がいる事に気付いた亀飼い初心者の私たち。

息子スンが、亀がたくさんいる公園を調べてきて情報をくれるので、今日は家族で亀餌持って散歩に出かけました。

うちの周辺の大きめな公園はあちこち遊歩道で繋がっているので歩いていても気持ち良いです。


さて、自宅から20分程歩いた所に、噂の亀公園が見えてきました。
すでに鯉に餌をあげている人たちもいましたが…


む?
f:id:kedama-tikku:20151012191832j:image

むむ?
f:id:kedama-tikku:20151012191916j:image


で、でたあ!!
f:id:kedama-tikku:20151012191945j:image

興奮興奮!!
亀ちゃんーと呼んで、慌てて餌を出します。餌はうちの亀たちが好まなかった市販の餌を持ってきました。あと乾燥イトミミズ。


わふー!近い!近い!
f:id:kedama-tikku:20151012192104j:image

しかし、デカ鯉の軍団が凄いのです。鯉の餌への猛烈な執着心がうねりとなり波となり、亀たちを巻き込みますが。 


うおお。なんじゃこれぇ。
f:id:kedama-tikku:20151012192212j:image


時折、可愛いお顔が、ぴょこたん。
f:id:kedama-tikku:20151012192315j:image

一見、地獄絵図の様ですが意外と亀たちは飄々としたもので。鯉たちの猛烈なパクパクに揉まれてもソソ〜と泳ぎ脱出して、こぼれた餌をパクパク。

f:id:kedama-tikku:20151012213944j:image

大きな亀たち…25センチ位あったかなぁ。
持ってきたのは子亀サイズの餌なので、なかなか気づいて貰えませんでした。

あまりに鯉を避けつつ亀に餌をあげたい気持ちになり過ぎて「カメチーカメチー!こっちよ、カメチー」と叫んでしまい、旦那に「カメチじゃねぇし…」と苦笑される始末でした。ついね。

息子スンが亀と見つめあってるところもパチリ。右の土管みたいのは鯉の口。養殖のウナギの餌シーンを思い浮かべてしまいましたよ。
f:id:kedama-tikku:20151012214150j:image


亀って。
なんでかな、可愛いやね。

f:id:kedama-tikku:20151012214535j:image
「そ、でしょー」




広告を非表示にする