読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩むすび

ぎゅっぎゅっ

こんもりおやま



「ふくろうくん」という本があります。
アーノルド・ローベル、がまくんとかえるくんの絵本作者さんです。
f:id:kedama-tikku:20160218102819j:image

この本がポン子が好きで、勿論私も大好きなんですけど…何度も図書館から借りてしまうので、これは買い決定の本になります。後で本屋。


中でも「こんもりおやま」のお話が、面白い。子供時代って、そういう感覚に陥る事あったよなーと思い返しながら。また大人としての感覚で読むとシュールで笑いが止まらない。


布団に入って、足元のこんもりした2つの膨らみが気になって仕方ない訳ですよ。ふくろうくんは。
f:id:kedama-tikku:20160218103041j:image


覗いてみるも、あるのは自分の2つの足ばかり。そりゃーそうでしょ。
f:id:kedama-tikku:20160218103118j:image


あまりに気になりすぎて「あの こんもりども もどってきた!」と暴言を吐くふくろうくん。うける。愚民どもめが!と吐き捨てるギレン・ザビを彷彿とさせます(させません
f:id:kedama-tikku:20160218103451j:image


気になりすぎて、発狂ふくろうくん。躍動感。
f:id:kedama-tikku:20160218103242j:image
ここはいつも読んでいて笑ってしまう。


もう知らん!的に階下の椅子でおねむりのふくろうくん。
f:id:kedama-tikku:20160218103631j:image

最高だ。面白いです。

がまくんとかえるくんも大好きだけど、この一人芝居的なイッセー尾形感はふくろうくん独特なのです。

これを近々、絵本読みボランティアで読んでみようと思います。反応がどうでるか。

子供達、ポッカーンってなる可能性も大ですけど。なはなは。


広告を非表示にする