読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩むすび

ぎゅっぎゅっ

珍しく、ドラマ話続き



海外ドラマ続きですけど。

マスケティアーズ「パリの四銃士

midoriさんの情報から、デヴィッド・バークのご子息が出ると聞いて予約録画してみました。


確かに!アトス(トム・バーク)見たときに「面影あるー!」と思いました!
海外ドラマ、ホームズシリーズ以外はそんなに興味ない方なんですけど…不思議や不思議、バークご子息が出てる、それだけで贔屓目に観て楽しめるもんですねぇ(笑)
いや、贔屓目だけではなく、やはりセットや役者さんの立ち振る舞い、演技など…楽しめますもの。

逆に期待していた精霊の守り人がガックリだったために…(思い入れが強すぎた?)
なんで帝とかあんな描かれ方なのかしら…というか四回で水の精霊を描こうというのが難し過ぎるのかな。主人公達の葛藤や、登場人物の立場によっての思想の違いや正義について、それらを納得させる脚色が為されていないのですよね…軽い!軽すぎる…全体的に、ただ命を狙われる者と追う者とその利害…くらいしか伝わってこない。それとCGがひどくないかしら。こんなものかしら…。

この人達の、生い立ちや背景をもっと知りたいと思わせる…そんな第二シーズンである事を願います。というか、まだシーズン1の最終回も観てないの。なんか帝とや都の韓ドラムードに萎えちゃってるー。

個人的にトロガイは好演と思います。水の民と(笑)なはは。