塩むすび

ぎゅっぎゅっ

お好み焼きメモ


実はあまり家でするお好み焼きが好きじゃないんです。
なんかパン生地の半端みたいな生地の感じが苦手で…でも大阪で食べたのは美味しかったよなーくらいの感じで。たこ焼きの方が生地がゆるくてダシっぽくて好きなのでたこ焼きは良くするのですが。

と、言うのが先日までの感覚だったのです。家で焼くお好み焼きはあんまり美味しくない。



ところが。
札幌帰ってた時に、またまた我が家のお料理番の弟がお好み焼きを作ってくれたのですが…これが美味しかった!!
家焼きお好み焼きのイメージ一新。



コツを聞きましたところ、ダシに昆布と鰹などの節類と、鶏肉を使うとのこと。
ええーっ、面倒だなぁーとは思ったのですが、週末スーパーで鶏ガラを見かけたので「鶏ガラでもいいかなあ」と聞いたら「iitesu」と返信が来たのでヤル気になってみました。

鶏肉でダシ取るより、更に面倒な事にはなりましたけど…
頑張って鶏ガラ(昆布と節類入り)スープを取り、冷ましてから生地を作りました。具はシンプルにキャベツと青ネギとイカと豚バラ。



これ「umakatta」です。

f:id:kedama-tikku:20160424221426j:image

反応薄い旦那さんにも好評でした。ダシスープ恐るべし。子ども達も大喜びで、いつもはお好み焼き喜ばないのに、またやろう!って言ってました。
弟の美味しいもの見つける勘の冴えには敬服します。


参考「今日の料理」のレシピから抜粋

○材料
キャベツ    5〜6枚
青じそ     2枚
豚バラ肉    10枚
(薄切り8㎝の長さ)

☆だし
昆布(10㎝四方)1枚
鶏もも肉     1枚
水       カップ7と1/2
合わせ節     50g
(かつお節・さば節・うるめ節)

☆生地
薄力粉    80g
重層      3g
塩       2つまみ強

出汁 80ml   
山芋      大さじ2弱
(すりおろしたもの)
卵       2コ
粉がつお    1つまみ
青ネギ     小さじ1
(小口切り)
紅しょうが   1つまみ
(みじん切り)
天かす     大さじ1


○作り方
⚫︎キャベツ5〜6枚を粗目のみじん切りにします。
⚫︎だしを作ります。
水(カップ7と1/2)、昆布(10㎝四方)1枚、鶏もも肉1枚を大きな鍋に入れ、沸騰させます。(ここを鶏ガラに差し替えました)
沸騰してから、弱火にし、20分〜30分煮ます。
合わせ節(50g)を入れます。
弱火でさらに25分間煮ます。


⚫︎生地を作ります。
ボウルに薄力粉80gを入れ、ダマをなくすように軽く泡立て器で混ぜます。(ここは市販のお好み焼き粉)
重層(3g)と塩(2つまみ強)を入れよく混ぜます。
そこにダシ汁を入れ、まぜます。
すりおろした山芋(大さじ2弱)を入れ、混ぜます。
卵(2コ)も入れ、混ぜます。

粉がつお(1つまみ)、小口切りした青ネギ(小さじ1)、みじん切りした紅しょうが(1つまみ)、天かす(大さじ1)を入れ、混ぜます。

大きなボウルに粗みじん切りに切ったキャベツを入れ、その中に生地を流し込み、空気を入れるように軽くまぜます。

焼き始めます。



※以下、弟メモ

小麦粉じゃなくて市販の粉でやるので分量等々はアレンジします。
○大事な点
★レシピを参考にだし汁を作り、それで市販の粉をとく
★キャベツを細かくきらず大きめのみじん切りにする1cmくらい(重要度A)
★焼く寸前に混ぜる(1生地、2山芋、3卵、4キャベツや具材は別にしといて、1と2と3を混ぜ、4にかけて軽くまぜる。1と2,3ミックスの配分は4にくらべてだいぶ少ない状態にする。量の配分は何回か焼かないとわからない。)(重要度A)
★焼き方はレシピどおりがいいと思います。





広告を非表示にする